夫婦死別の悲嘆から立ち上がる これから

雑誌『これから』雑誌『これから』

 頼もしかった夫、優しかった妻…
二度と会えぬ悲しさ、失って、はじめて知る愛別の苦しみ。

 絶望の暗闇に、生きられぬと思った日々―。
訪れた死別、尽きぬ涙―そして、これから。

 夫、妻を亡くし、孤独や絶望に苦しんだ人たちの心の叫び、
生きようとした、その後を収録。

Amazon より絶賛発売中!

【 著者の紹介 】

  • 佐藤匡男(さとう まさお)
    学歴:1931年、名古屋市生れ。名古屋大学法学部卒。
    職歴:商工中金、家具金物製造・ムラコシ精工。
    1991年、配偶者を失った人たちの会・気ままサロンを、長年図書館司書を勤めた
    石井須美子と共に創始。
  • 石井須美子
    配偶者を失った人たちの会・気ままサロン代表

    「夫婦死別の悲嘆から立ち上がる」 これから一人でも独りでなく
    配偶者を失った人たちの会 気ままサロン会報より
    第1章 泣いて、語ることから *悲嘆の対応*
    第2章 独りにならぬこと *孤独の対応*
    第3章 語る場を持つ *独り道の対応*
    第4章 私たちの心 *人を思い、思われる*

・前書き~悲嘆の対応

 この世に、こんな辛さがあろうとは。
共白髪を信じた二人暮らしから、あるべき姿や声が消えた空虚。
私たちは、夢かうつつか混濁の中で、「なぜ」を何度問いかけたことか。
でも、答えは何も出て来ませんでした。
 虚脱が薄らげば、湧き出る思いは、取り返しのつかぬ悔い、自分や周りへの無性な腹立ち、
殊に、これ程の一大事にも、世間が微動だにしないのは耐えがたい理不尽でした。
 やがて、身を裂く悲しみ、底知れぬ孤独感。病むか狂うかしそうでも、
跡を追いたいと願ってさえも、いつしか事なく夜が来て、朝が来る。
そんな、どうしようもない自失の日々。
尽きぬ涙とともに、体の奥底から痛切な言葉が溢れ出て来ました。
 ここに掲げた幾筋かがそうです。これは、相手と交わす会話ではありません。
感情の噴き出るままに書き連ねた、心の叫びと言えましょう。
 ところが、後で振り返ると、ここに溢れ出た涙と言葉は、単なる排出物ではなくて、
悲しみや辛さの対応に、大きな役割をなしていました。
 思いきり泣けば、そして、ほとばしる思いを文字に書けば、随分と気が楽になると感じたのです。
 私たちは、体験を寄せ合ううちに、多くの仲間が必死にたどった経路には、
悲しみ・辛さに対応する処方箋として、ある仮説が成り立つと気づきました。
要約すれば、次の3段階です。
  1. 泣くだけ泣く
  2. 思いを書くか、誰かに語る
  3. 何かに打ち込む
 この1冊には、そんな仮説の検証というテーマも込められています。
この章に掲げた篇々は、泣きながら書かれたものばかりです。
 どうか、これらを、単にお読みくださるだけでなく、
「自分も書こう」と手をつけるヒント・きっかけにして頂ければと思います。
そう、私たちが一人になって真っ先に得た教訓は、
「自分が動かねば何一つ始まらない」、これでした。
 私たちを襲った愛別の悲しみ・辛さは、どうも、日にち薬だけでは治らないみたいです。

― 佐藤匡男 ―